殿堂入りグランドオイスターワイン🦪

2021-05-14

この度、弊社の人気ワイン「マリエッタ」が「グランドオイスターワイン賞」を受賞致しました😆🏆

さらに、このオイスターワインコンテストに於いて、3年連続で「ベストオイスターワイン賞」、「グランドオイスターワイン賞」を受賞したワインとして「殿堂入りグランドオイスターワイン」に認定して頂きました👏

この「ペアリングワインコンテスト」とはもともとワインと食材に関するプロモーションとして、「オイスターワインコンテスト」、「ラムワインコンテスト」として2017年から開催されてきましたが、それぞれ独立していた各コンテストを一つにまとめ、2021年度より「ペアリングワインコンテスト」として開催されました。

弊社でも2018年から牡蠣🦪に合わせて美味しく飲めるワインとして、「マリエッタ」をエントリーし、毎年「ベストオイスター賞」という最高賞を頂いてきました。

そして、殿堂入りがかかっている本年も無事に受賞することができました😊

この審査には、オイスターバーの経営者や牡蠣の生産者などの専門家が携わり、生ガキや調理した牡蠣に合わせて、各ワインを試飲し、味わいや旨味の相乗効果が表れる相性の良いワインを選考していきます。

3年連続という快挙は、ヴィンテージが異なりながらも、安定した味わいを提供してくれるワイナリー「マルティン・コダックス」の品質の高さが証明されたのではないかと思います。

「とがらない酸とジューシーさで牡蠣に寄り添う」、「旨味とミネラル感が素晴らしいペアリングになる」など審査員の方からも高評価のコメントをいただくことができました✨

一般的に牡蠣の旬は冬場と思われがちですが、それは牡蠣🦪の種類に関係しています。

冬場の牡蠣は真牡蠣といい、9月ごろから栄養を蓄え、翌年5月頃に産卵を始めます。
その為、産卵の2,3か月前が最も身に栄養を蓄えられているということで冬場が旬とされています。

一方殻を割って食すことの多い岩ガキは逆に夏場に旬を迎えます。
岩ガキの産卵期は6月~10月頃ですが、真牡蠣とは異なり、一気に卵を放出するのではなく、何回かに分けて産卵する為、身に栄養を蓄えている時期が夏場に続くということに由来します。

これから温かくなり、外でBBQをされる方もいると思います。
また近年人気の牡蠣小屋なるものに行かれる方もいるかと思います。

牡蠣の種類を知ることで、美味しい牡蠣の季節を楽しんで頂けるのではないでしょうか😄

夏場の岩ガキを楽しむ際には是非、この「マリエッタ」をお試しください!

ワインも牡蠣もグッと美味しくなりますよ😚

ということで、今回はもちろんこの「マリエッタ」。

2019ヴィンテージはよりパイナップル🍍のようなフルーティな香りが増し、キレイな酸味が楽しめます!

お気に入り

Loading